HOME > ホームの体制・環境
ホームの体制・環境
当ホームの体制
ご利用いただける方
要介護1から5、および要支援2で、かつ診断書等に認知症の記載がある方が利用できます。
介護保険法上の地域密着型サービスであることから、当ホームは秋田市の住民票があることも必要となります。

医療支援体制
● 連携医療機関:米山消化器内科クリニック
● 連携医療機関:秋田往診クリニック
● 連携歯科医院:おのば歯科クリニック
このほか介護職員として看護師の配置があります。

取得加算
● 初期加算(入居開始から30日間):30点
● 医療連携体制加算Ⅰイ:57点
● 若年性認知症受入加算:120点
※ 上記は1日あたりの点数

このほか、
● 介護職員処遇改善加算Ⅱ:17.8%

が1ヶ月あたりの介護報酬部分に加算されます.

不適切な身体拘束と虐待の排除への取り組み
当ホームでは高齢者虐待防止法・介護保険法・老人福祉法および公益社団法人日本認知症グループホーム協会の虐待防止宣言(当ホーム玄関に掲示)に則り、以下のとおり取り組んでいます。
① 研修の実施および参加派遣
② 委員会の設置
③ 指針の策定
④ これらの掲示と開示

なお必要やむを得ない身体拘束の実施に際しては適切な手順と手続きを講じます。

●虐待防止宣言*クリックでPDFが表示されます。


生活保護の方
当ホームでは生活保護受給者のご利用が可能ですが「料金について」にある料金表とは別途となります。
基本的に支援費の範囲内でご利用が可能ですのでご相談ください。
ただし、生活消耗品や理髪代など一部対象にならない費用負担があります。
地域とともに
● 実習生受入
秋田大学医学部保健学科看護学専攻
日本赤十字秋田看護大学看護学科
● 自治体との連携
秋田市介護支援ボランティア受入事業所
秋田市エイジフレンドリーシティー パートナー企業
御所野元町四丁目町内会
● 加入団体
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会 秋田県支部
社会福祉法人 秋田県社会福祉協議会
秋田商工会議所
秋田市認知症グループホーム連絡会ケアパートナーズ
大曲仙北地域密着型介護事業者連絡会

● その他
秋田ノーザンハピネッツ オフィシャルパートナー
地域のセラピードッグが訪問し活動しています。


あわせて認知症カフェも随時開催しています。
開催日時はX(旧Twitter)等でご確認ください。
X(旧Twitter)はこちら!